読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「4.Choose and apply a learning algorithm」前半

Azure Machine Learning

この連載ももう終盤ですね。
引き続き、Azure Machine Learningのサンプルを動かしていきます。
[Create your first experiment in Azure Machine Learning Studio]
http://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/machine-learning-create-experiment/#step-4-choose-and-apply-a-learning-algorithm

第1回、2回、3回はこちら。

  • Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「1.Get Data」

http://toshimana.hatenablog.com/entry/2014/08/09/005803

  • Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「2.Pre-process data」

http://toshimana.hatenablog.com/entry/2014/08/11/113416

  • Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「3.Define, extract and enrich features」

http://toshimana.hatenablog.com/entry/2014/08/12/185342


今回は機会学習の学習アルゴリズムを設定します。
いよいよ何をしているのか分からなくなってます。
が、サンプルを動作させる手順だけは整理しておきます*1

1.データを分割する。

1-1.「Split」を用意します。

f:id:toshimana:20140813183922j:plain

1-2.末尾に接続されている「Metadata Editor」と「Split」を接続します。

f:id:toshimana:20140813184105j:plain

1-3.「Properties」-「Split」-「Fraction of rows in the first output dataset」を0.75に設定します。

f:id:toshimana:20140813193918j:plain

2.学習アルゴリズムを選択する。

2-1.「Two-Class Boosted Decision Tree」を用意します。

このブロックは「Split」と接続しません。ここでは「Split」の隣に配置しています。
f:id:toshimana:20140813194325j:plain

3.学習アルゴリズムを評価する。

3-1.「Cross Validate Model」を用意します。

f:id:toshimana:20140813194824j:plain

3-2.「Two-Class Boosted Decision Tree」と「Cross Validate Model」の"Untrained model(ボックス上部左側の小丸)"を接続します。

f:id:toshimana:20140813195406j:plain

3-3.「Split」の"Results Dataset1(ボックス下部左側の小丸)"と「Cross Validate Model」の"Dataset(ボックス上部右側の小丸)"を接続します。

f:id:toshimana:20140813200023j:plain

3-4.「Cross Validate Model」の「column selector」を表示します。

f:id:toshimana:20140813200729j:plain

3-5."Include", "column names"と設定し,入力項に"price"を入力します。

f:id:toshimana:20140813200858j:plain

3-6.右下のチェックボタンを押します。

f:id:toshimana:20140813201011j:plain

4.処理を実行する。

4-1.画面下の「Run」ボタンを押します。

f:id:toshimana:20140813201123j:plain

4-2.処理が実施されます。

f:id:toshimana:20140813201255j:plain

4-3.処理が終了するまで待ちます。

処理が終了すると、画面右上に「Finished running」が表示されます。
f:id:toshimana:20140813201349j:plain

5.結果を確認する。

「Cross Validate Model」の"Scored Result(ボックス下部左側の小丸)"

f:id:toshimana:20140813201924j:plain

「Cross Validate Model」の"Evaluation results by fold(ボックス下部右側の小丸)"

f:id:toshimana:20140813201931j:plain

終わりに

一通りサンプル動作の手順をまとめた後に、
やっていることを整理したいと思います。

*1:機械学習が分かる人がサンプルを試してみて、内容をまとめると良いと思います