読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「3.Define, extract and enrich features」

Azure Machine Learning

Azure Machine Learningのサンプルを動かしていきます。
[Create your first experiment in Azure Machine Learning Studio]
http://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/machine-learning-create-experiment/#step-3-define-extract-and-enrich-features

第1回、2回はこちら。

  • Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「1.Get Data」

http://toshimana.hatenablog.com/entry/2014/08/09/005803

  • Microsoft Azure Machine Learningのサンプルを動かしてみる。「2.Pre-process data」

http://toshimana.hatenablog.com/entry/2014/08/11/113416


ちなみに、今回からは画像加工ソフトに[Skitch]を使っています。*1

1.「Project Columns」を用意する。

1-1.新しい「Project Columns」を用意します。

f:id:toshimana:20140812185146j:plain

1-2.「Missing Values Scrubber」と「Project Columns」を接続します。

f:id:toshimana:20140812100050j:plain

2.データを選別する。

2-1.「Project Columns」の「column selector」を表示します。

f:id:toshimana:20140812100734j:plain

2-2.「Begin With」を"No columns"に設定します。

f:id:toshimana:20140812101253j:plain

2-3.次列を"Include", "column names"と設定します。

f:id:toshimana:20140812101328j:plain

2-4.column nameの入力項に、以下の項目を入力します。

  • make
  • body-style
  • wheel-base
  • engine-size
  • horsepower
  • peak-rpm
  • highway-mpg
  • price

f:id:toshimana:20140812101921j:plain
ちなみに、入力補完機能があるので、簡単に入力できます。
f:id:toshimana:20140812102353j:plain

2-5.右下のチェックボタンを押します。

f:id:toshimana:20140812102603j:plain

3.Labelを設定する。

3-1.「Metadata Editor」を用意します。

f:id:toshimana:20140812103150j:plain

3-2.「Project Columns」と「Metadata Editor」を接続します。

f:id:toshimana:20140812103454j:plain

3-3.「Metadata Editor」の「column selector」を表示します。

f:id:toshimana:20140812103658j:plain

3-4.「Begin With」を"No columns",次列を"Include", "column names"と設定し,入力項に"price"と入力します。

「Project Columns」のときと違って、入力補完機能が利きません。何故?
f:id:toshimana:20140812104139j:plain

3-5.右下のチェックボタンを押します。

f:id:toshimana:20140812104241j:plain

3-6.「Properties」-「Metadata Editor」-「Fields」を"Labels"に設定します。

f:id:toshimana:20140812104603j:plain

4.Feature typeを変更する。

4-1.新しい「Metadata Editor」を用意します。

以下、特に追記がない場合、「Metadata Editor」は4-1で作成したものを指すものとします。
f:id:toshimana:20140812105116j:plain

4-2.3-1で作成した「Metadata Editor」と「Metadata Editor」を接続します。

f:id:toshimana:20140812115700j:plain

4-3.「Metadata Editor」の「column selector」を表示します。

f:id:toshimana:20140812115841j:plain

4-4.「Begin With」を"No columns",次列を"Include", "column names"と設定し,入力項に"make"と"body-style"を入力します。

f:id:toshimana:20140812120417j:plain

4-5.右下のチェックボタンを押します。

f:id:toshimana:20140812120451j:plain

4-6.「Properties」-「Metadata Editor」-「Data type」を"String"に設定します。

f:id:toshimana:20140812120636j:plain

4-7.「Properties」-「Metadata Editor」-「Categorical」を"Categorical"に設定します。

f:id:toshimana:20140812120812j:plain

5.処理を実行する

5-1.画面下の「Run」ボタンを押します。

f:id:toshimana:20140812121018j:plain

5-2.処理が実施されます。

f:id:toshimana:20140812121221j:plain

5-3.処理が終了するまで待ちます。

処理が終了すると、画面右上に「Finished running」が表示されます。
f:id:toshimana:20140812121344j:plain

6.結果を確認する。

確認できる処理結果:2-4で指定した項目のみが表示される。

変更前(Missing Values Scrubber)

f:id:toshimana:20140812121947j:plain

変更後(Metadata Editor)

f:id:toshimana:20140812121953j:plain

確認できる処理結果:"price"のFeature typeがNumeric Labelsになる。

変更前(Missing Values Scrubber)

f:id:toshimana:20140812182544j:plain

変更後(Metadata Editor)

f:id:toshimana:20140812182722j:plain

確認できる処理結果:"make","body-style"のFeature typeがCategoricalになる

変更前(Missing Values Scrubber)

f:id:toshimana:20140812183143j:plain

変更後(Metadata Editor)

f:id:toshimana:20140812183100j:plain

終わりに

現時点では、デモの動作方法だけを説明しています。
処理の細かい意味は特に説明していませんが、後で解説するかもしれません。

*1:前回までは画像加工ソフトにGIMPを使用していました